ブルーライトによる悪影響

スポンサーリンク
生活・仕事
スポンサーリンク

近年パソコン、スマートフォンの普及に伴い今までに無いくらい液晶を見る時間が長くなったと自分でも実感しております。

特に最近は歳のせいか、夜になって陽の光が無くなるとディスプレイが異常に眩しく感じるようになりました。

定期的に蒸気アイマスクで目元を温めてケアしているんですがブルーライトを多く浴びることで確実に網膜はダメージを受けているのです。

スポンサーリンク

ブルーライトとは

そもそもブルーライトとは何ぞやってことで、

私もここ最近、よく聞くようになり意識しだしたのですがX線や紫外線などと同じ光線のことです。

太陽からは紫外線が、レントゲンからはX線が放出されているようにスマートフォン、PCからはブルーライトが放出されています。
紫外線対策なんかするように、ブルーライトもある程度の対策をしないと身体に悪影響を及ぼします。

ブルーライトによる悪影響

目で受けるブルーライトですが、目に影響するだけでなく身体、睡眠にまで悪影響があります。

目の疲労

紫外線やブルーライトなどの強い光は、角膜などでは吸収されず直で網膜に達します。

強い光によって網膜がダメージを受けると網膜の中心部にある「黄斑」(おうはん)がダメージを受け、「加齢黄斑変性」(かれいおうはんへんせい)の原因になるそうです。

詳しいことはわかりませんが、視界の中央が歪んで見えるような症状が出るみたいです。
外国では失明原因の一種とされているところもあります。

睡眠の質の低下

生物は効率よく生きる為のリズムを刻んで生活しています。

日の光を浴びて眼から脳へブルーライトを含む光が伝わり活発に動き出す。
反対に日が沈むと脳や身体を休めるといったリズムが自然に備わっています。

ところが、本来脳が休む時間帯にも関わらずスマートフォンやPCによりブルーライトを浴びると脳がまだ昼間だと勘違いをして、自律神経や免疫などに悪影響を及ぼし睡眠を促す「メラトニン」という物質の分泌が遅れてしまいます。

その為、いざ寝ようとしても「メラトニン」が十分に分泌されていない為眠れない、寝つきが悪い、寝が浅いといった睡眠の質が低下してしまうのです。
分泌が遅れてしまった分、翌朝になっても「メラトニン」が十分に消化できず朝だるい、寝起きが悪い、寝たりない等翌日の活動にも影響してしまいます。

ブルーライトカットレンズを購入

私自信もブログを始めてから夜寝るのが遅くなったというのも大きいともうのですが確かに睡眠の質が落ちたなと感じることが多くなりました。

朝も目覚めが悪く、反対に夜寝ようとしてもなかなか寝付けなかったり(;^ω^)
ひどい時は夜中に目が覚めたりなど、環境の変化も多少あるでょうが影響がでました。

特にひどかったのが目の疲労
パソコン、テレビの光がとても眩しく感じてしまい、目を細めないと直視できない状態になってしまった為対策として購入したのがブルーライトをカットするPCメガネ。

使い始めてほんとに目が楽になり、心なしか以前ほど睡眠を気にすることが少なくなりました(*^^*)

【JINS SCREEN HEAVY USE 38%cut】スクエア
【JINS SCREEN HEAVY USE 38%cut】スクエア 「PC-01 58」 メガネの常識を突き破るJINS(ジンズ)は、機能的でおしゃれなオリジナルめがね、サングラスが常時3,000種類以上。JINSの眼鏡はレンズセットで4,900円(+税)から。

私の近所にはJINSがある為、行ってみるとブルーライトメガネ専用コーナーがありました!Σ(・□・;)(知らなかった)
JINSで購入したものを今は使っています(*’▽’)

夜作業の方はおすすめします

子どもがいる家庭は寝かしつけてからテレビの録画みたり、ゲームしたり、スマホ触ったり圧倒的に夜ブルーライトを浴びることが多くなると思います。

そんな方は是非ともブルーライトカットメガネ使ってみてください(*^^*)
明日の朝から目覚めが良くなるかもしれませんよ( *´艸`)

生活・仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\シウベエをフォローする/
スポンサーリンク
からっぽらいふ

コメント