MRワクチンの期限切れ

スポンサーリンク
生活・仕事
スポンサーリンク

MRワクチンをご存知でしょうか。

MRワクチンとは麻しん(はしか)風しんの混合ワクチンのことです。

摂取することにより上記の病気に抗体ができ、かかりにくくなるというもの。
定期接種とされており、自治体主催で行われる為基本的に無料のワクチンです。
日本では通常1歳になったタイミングと小学校に入る前(幼稚園最年長)の2回を定期接種とされています。

今回私の子どもが1歳になったタイミングでの接種時にミスが発覚し、親として決断しなければならない状況になってしまいました。

スポンサーリンク

1歳でのMRワクチン定期接種

我が子が1歳になったタイミングで近くの小児科にMRワクチンの接種に行ったのが約1ヶ月ほど前でした。

その際は何事もなく、接種が終わりその後も特に異常なく生活していたのですが接種から1ヶ月ほど経過したある日小児科から1本の電話が入りました。

期限切れの発覚

妻の携帯に連絡が入った為どのような会話であったかは確認できませんでしたが、大変恐縮した医師からの電話の内容は先月接種をしたMRワクチンの期限が切れていることがわかったという内容だったようです。

謝罪と説明にお伺いしたいとのことでその日の夜に来てもらうこととしました。
その日7時頃には伺えるだろうということでしたが7時過ぎに再度連絡が入り、複数回っている為9時過ぎになりそうだとのこと。

この時点で我々の他にも同じ患者がいるということがわかりました。
時刻は9時30分を回ったぐらいだったでしょうか、車の音とともにこちらに向かってくる2名の姿が見えた為玄関を開けると小児科の先生と看護師が立っていました。

「ご説明に上がりました。」

疲れきった顔で今日何度も言ったのであろうセリフを吐いたのち少し会釈して玄関へ入ってきました。
菓子折り期待してましたが残念ながら手ぶらでした。

説明と状況

お二方は入ってくるなり期限切れのワクチンがどのような状態かを詳しく説明を始める先生。

そこは、まず謝罪じゃないの?ヽ(`Д´)

と喉まで出かけていましたが、やつれた顔の先生にさすがに言えませんでした。
説明としてはワクチンには「力価」(りきか)と言われる物質の濃度が数字で決まっているのだそう。

で、その力価が時間の経過と共に減っていく為(接種後も)1歳で接種した後もう1度、6歳で接種するのだそう。

今回のワクチンは使用期限が12ヶ月間だったらしいが、13ヶ月目を少し過ぎたワクチンを接種してしまったといった状況。
なので、力価としては使用期限ぎりぎりのものと0.2程度低いワクチンを接種したことになる。

今後について

ここからが、いま親として悩んでいる本題なのですが、選択肢は2つ。

①このまま、なにもせず6歳にもう1度接種する
②血液検査をして、抗体が薄ければ再度接種し6歳にもう1度受ける(6歳までに3回接種するこになる)

とりあえず、血液検査のみ行うというのもありなんですが痛い思いをさせるのが、つらいのです・・・(´Д⊂グスン

血液検査と、追加接種の費用は小児科でもってくれる為一応検査だけでもするべきでしょうか・・・。
非常に悩んでいます。

ちなみに、何度も確認しましたが身体への影響は前例はないとのことです。
製薬会社にも確認をとっていただきました。

それと、アメリカでは定期接種が3回あるそうです。
前例がないだけで、もしかしたら異常があるのかもとそこそこ心配ですが・・・
とりあえず、どちらかに決めないことには今後の予防接種も遅れをとってしまう為方向性が定まればまた、追記していきたいと思います。

同じようなことで悩んでいる方、同じような経験した方ご連絡ください(;´・ω・)

生活・仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\シウベエをフォローする/
スポンサーリンク
からっぽらいふ

コメント