定時になっても帰らない人達を考察してみる

スポンサーリンク
生活・仕事
スポンサーリンク

「もう帰るの?」

今日も退社時になぜか聞かれたセリフ。

「はい(^^)」
笑顔で返事しましたが、こんなこと聞かれること自体おかしくないですか?

だって定時だぜ!?

逆にまだ帰らないのか聞きたい!

そんなわけで、聞いてくる人達がなぜ帰らないのか、考察してみます。

ちなみに私が約2年間定時帰宅を続けた過程とその結果がこちらです。

「定時に帰る理由と定時帰宅を続けた結果」

スポンサーリンク

帰らないのではなく、「帰れない」

そうか!

帰りたいけど、仕事がまだ終わっていなくて帰れないのか!

なら、頼めよ!

周り見たら、終わりそうなやつ、すでに終わってるやつたくさんいるでしょ!

それに定時までに終わりそうにないならちょっと前にわかるじゃん!
頼める人がいない、自分しかできない仕事なのであれば仕方ないとは思いますが
少なくとも私が勤めているところはそんなことはないので、終わっていないのであれば
しょうもない質問をする前に、頼んでくれ。手伝うから。
多動力を培いましょうよ。

ここでこんなことを言っても仕方ないか。

上司が帰らないから、部下も帰りづらい

(もう仕事も終わって、定時なんだけど、部長がまだ打ち合わせしているからなぁ・・・)

わかるわ~

これは確かに帰りづらいですよね。

わかるわ~

3年前だったらね。

3年前の私は実家暮らしで、妻子もなく、帰ったらご飯もお風呂も準備されている。
出てきたご飯を食べて、ぽかぽかの沸き立てお風呂に入って、洗濯されているパジャマを着て、ふわふわのお布団で寝る。
全部揃っていたのです。自らせずとも。

実家だから。

3年前に同居始めて
2年前に入籍して
1年前に子供が産まれて
先月マイホームを建てた今とは、まるで環境が違う。

自分でやらないといけないことが増えまくってます。
仕事の帰りが遅くなると自分だけでなく、家族に迷惑がかかる。

それに、我が子の顔って1秒でも早く見たくないですか?

それと、私の会社には「遅くまで会社にいれば働き者だ!」
的な古(いにしえ)の図式が脳に刷り込まれている人達が多いようです。
ちなみに定時過ぎて会社に残っていても手当てはありません。
上司の顔色が悪くならないだけです。

古臭いでしょ?

同感です。

帰らない、帰れない、でもなく「帰りたくない」

亜種の登場ですね。

「家に帰りたくない」

帰るぐらいなら、仕事してる風を装って頑張ってるアピールだ!
上司の顔色も悪くならないし、居たくない家にも居なくてすむ!

一石二鳥。

これなら仕方ない。

どうぞ居てください。

ただ、時差出勤者の邪魔はするなよ。

私なら、家に居たくないのであればネットカフェやカラオケ、パチンコ屋など
一人で遊べるような場所に行きますけどね~
寂しがり屋さんなのかな?w

まとめ

推測しうる可能性はこのぐらいですかね。

あくまで私の会社での事ですので、みなさんの勤め先の事はわかりません。
むしろ知りたいです。←

ブログをはじめ、「自分への投資」をする時間がいかに貴重かというものが最近身に染みて感じます。

ゲームだって時間があればできちゃう♡

時間は有限であり、平等です。

有名な偉人のことばです。

うそです。

うそですけど真実ですよね。

貴重な自分の時間を上司の顔色の為に使うのなんてとてもじゃないけど私にはできない。
嫌われようが、文句を言われようが、知ったことじゃない。

俺の時間だ。

ちゃんと「今日は残ってこれを仕上げてくれ」って頼まれればそれはやりますよ。
そこまで腐ってないです。
暗黙の了解で上司が帰るまで帰れま10をするのはご免ってことです。

世の中にはほんとにブラックな会社もあるからなぁ
気を付けましょうね。

生活・仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\シウベエをフォローする/
スポンサーリンク
からっぽらいふ

コメント