【隠蔽配線】壁掛けテレビを新築に設置したメリット、デメリット|我が家の配線もご紹介!

壁掛けテレビのメリットとデメリット マイホーム
スポンサーリンク

昨年念願のマイホームを購入しました!
節約生活中のシウベエです。(@shiubee)

マイホーム購入時に必ずやると決めていたこと。

壁掛けテレビ

今回は新築に隠蔽配線でつけた壁掛けテレビの見た目や、メリット・デメリットをご紹介します。

  1. 壁掛けテレビにしようか悩んでる方
  2. テレビボードを置きたくない方
  3. 小さな子どもがいる方
  4. テレビ周りのごちゃごちゃ配線が気になる方
PR記事
\お家の専門家を探そう/
シウベエ
シウベエ

家づくりは楽しいけどびっくりするほど時間がかかる…

各社から資料を請求したり、どのような建築会社があるのかリサーチするところからだと時間がいくらあっても足りません。

そんな方におすすめしたいのがマッチングサイト「アウイエヲ」
自分好みの建築専門家を自分好みの条件で検索できます。
詳しくはこちらでご紹介。

壁掛けテレビのほかにもたくさんのものを購入しました。

「新築入居時に買ったもの11選」で詳しくまとめています。是非ご覧ください\(^^)/

スポンサーリンク

隠蔽配線でここまで変わる

シウベエ
シウベエ

上の画像が引っ越す前に自宅で撮影したテレビ裏の配線です…
配線を見るだけで掃除する気力をもぎ取られますね…

シウベエ
シウベエ

こちらが新居で壁掛けしたテレビ。
配線どころか掃除する必要がないです。

テレビ周辺の配線が全くないシンプルな見た目ですよね。

HDD等付属機器の配線は壁の中を通って左上の棚に集約。

完全に配線を隠蔽しました。

ちなみにテレビと壁掛けテレビ器具は下記を使用しています。

TOSHIBA REGZA 58M510Xのレビュー記事も書いてます\(^^)/

テレビ買い替えで迷ってる方要チェック!

ということで、今回は壁掛けテレビのメリットとデメリット、シウベエ家のテレビ周りの配線をご紹介します。

では、ご覧ください。

スポンサーリンク

壁掛けテレビのメリット

新築に壁掛けテレビにしてみてのメリットをご紹介します。

配線がすっきりする

このような配線だらけのテレビ裏。

掃除する時も見るだけでやる気ダウンしちゃいますよね・・・

コード類が目につくとかなり生活感が出ちゃうので不思議と部屋が散らかって見えてしまうんですね・・・

ホテルなんかいい例です。

家具なんかの配置は自宅と同じようにされてますが生活感が出ていないのでそれだけで少しオシャレに見えるんです。

シウベエ
シウベエ

生活感を出したくないなら壁掛けがオススメ!

テレビボードがいらない

ぶっちゃけテレビボードって必要ですか?

先ほど言ったように生活感が出ると比例してオシャレ感が減ってしまいます。

シウベエ
シウベエ

収納も生活感が出ますよね・・・

オシャレな部屋にするには、生活感を強く主張する家具は避けたいところです。

単純に収納を増やしたいという明確な理由があればボードを置く選択をとってもいいかと思います。

シウベエ
シウベエ

加えて我が家には小さい子どもがいます。

1歳を過ぎるとおぼつかない足で家中走り回って少し障害物があるとつまずいてヘッドスライディング状態に・・・

もしテレビボードの近くだったらと思うとゾッとしませんか?

掃除が楽になる

やっぱりこれまでと比べて掃除の手間は段違いです。

以前まで思い立ったようにテレビボードを引っ張りだしてマスクを装着し大量のホコリとの格闘。

これがなくなっただけでも大きなメリットだと感じます。

シウベエ
シウベエ

アレルギー持ちはホコリが天敵!

壁掛けテレビにしてからはテレビ周辺掃除はたったの2点装備。

この2つの装備でテレビ周辺の掃除完了しちゃうのです(#^^#)

掃除の度に鼻水ずるずるになってたのが、マスクすらしないで掃除できるようになりました!

テレビがインテリアに映える

やっぱりなんといってもオシャレです!

壁にピッタリとまるで浮いているようなテレビは家電であることを忘れさせてくれるほど。

シウベエ
シウベエ

まるで絵画のように!

配線がすっきりして、ボードがなく部屋が広くてどこからでもテレビが見える。

テレビをインテリアとして魅せるポイントも個人的には高評価です。

スポンサーリンク

壁掛けテレビのデメリット

続いてデメリットをご紹介。

我が家は壁掛けテレビの前提でテレビ周辺を設計したのでデメリットが少ないのかもしれません。

なので今テレビボードをご利用の方からみる壁掛けテレビのデメリットを考察していきます。

高さや位置を変更できない

大前提としてテレビの位置を移動することが難しくなります。

個人では無理だと考えてもいいほど。

テレビの移動ができないと言うことはすなわち部屋の模様替えができないということ。

定期的な模様替えを計画している家庭は大きなデメリットかと思います。

シウベエ
シウベエ

我が家はめんどくさがりなもので・・・

配線を隠蔽することが少し大変

配線を完全に隠ぺいするとすれば壁面を通す必要があります。

ここで懸念されることは配線のトラブル時どうするのか?

自分で対処するしかないです。

これが最大のデメリットとなる方もいらっしゃるかもしれません。

シウベエ
シウベエ

我が家のトラブル担当はもちろん私!

我が家は新築と同時に壁掛けテレビにしたのでコンセントの位置から自由に設計できました。

万が一トラブルが発生した場合も配線の抜き替えだけで対処できるようにすべての部品を自分で発注して取り付けました。

我が家の壁掛けテレビ裏の配線をご紹介

コンセントは購入予定のテレビを調べてコンセントの位置を確認して電気屋さんにコンセントの位置を指定しました。

反対側に配線関係を集約。

上の棚へ壁面を配線が通ってます。

上の棚にいってる配線は

  • LANケーブル
  • USBケーブル(HDDと接続)
  • テレビ同軸ケーブル
  • HDMIケーブル(ゲーム機と接続)
シウベエ
シウベエ

長い配線がありますがテレビをたためば配線は見えません。

全体で見るとこんな感じ。

壁の中に空配管を通してもらっているので自分で好きな配線にできるようにしました。

棚の上の配線端子部分は自分で発注した部品で施工してます。

すべてインターネットで購入できました。

壁掛けテレビ配線に発注した物
  • HDMIケーブル
  • HDMI端子
  • USB3.0ケーブル
  • USB3.0端子
  • LANケーブルCat6
  • LANケーブルCat6端子

棚の上の配線端子部の完成状態。

ここにテレビからの配線が壁の中を通って繋がってます。

左の列は今後配線が増えてもいいように予備として空けてます。

真ん中はHDMIが2端子来てます。

右の列はLANケーブルが2端子とUSBの3.0(録画用)をセット。

電源しか配線してませんがこんな感じです。

今は録画用のHDDとゲーム機を置いてます。

HDMIを1本余分に配線しているのでブルーレイプレーヤーなども追加可能です。

購入したHDMIケーブルとHDMI端子はこちら

別途コンセントプレートに接続する際にコンセントチップという部品が必要です。

Amazonには取り扱いがないようなのでこちらのショップから購入しました。

このガイドチップがないとコンセントのプレートに埋められません。同時に購入しましょう。

購入したUSB3.0ケーブルとUSB端子はこちら

※USB端子側はAmazonで取り扱いがないようなので再度こちらより購入してください。
リンクはUSB2.0なので3.0をご希望の方はクロス結線しか販売がありません。
購入のUSBケーブルを確認のうえご購入ください。

前述してますがこれらをまとめた完成品がこちらです。

発注から組み立てと配線まで自分でやってますが今のところ不具合はありません。

シウベエ
シウベエ

配線関係の知識はほぼ必要なかったです。

スポンサーリンク

隠蔽配線・壁掛けテレビのメリット、デメリットまとめ

どうでしょうか?

壁掛けテレビ。

実際にやってみてほんとにやってよかったと思ってます。

それぐらいメリットの方が私は大きかったです。

やっぱりごちゃごちゃの配線から解放されるのは気分がいいですね!

最後に一点だけ。

いろいろと自分で施工したりかきましたが、

壁掛け金具の施工、テレビ本体の設置は業者に依頼した方が絶対にいいです。

ここだけは自分のやる事はおすすめしません。

シウベエ
シウベエ

金具の設置ミスは致命的です・・・

私も壁掛け金具を購入した際に利用したサイトですが業者さんの手配までやってくれるみたいですね。

テレビ壁掛けショップ本店

我が家は家の引渡しの時にテレビが到着するよに予約して大工さんにも日時を合わせて来てもらいました。

大人3人がかりでようやく設置できたので人手は多いほうが絶対にいいです。

いずれの作業も安全第一で行いましょう。

テレビが壁から降ってきたら大けがしちゃいますから。

その他もすべて自己責任でお願いしますね(#^^#)

\壁掛け風にできる商品もありました/

\ホッチキスで壁掛けできる金具もありました!/

\我が家の壁掛け金具/

では、よい壁掛けライフを(*’▽’)